7/13発スペインサイクリング アングリルに挑戦

本日は2017年・コンタドールが引退前の素晴らしい走りを見せたアングリルへの挑戦です。

IMG_8421

麓の街にて準備中

IMG_8429

最初は平坦な道を進みます

IMG_8437

まずは体をほぐします

IMG_8444

そして目指すアングリルのサインの前で集合写真

IMG_8458

徐々に登りに入ります

IMG_8466

ここからだんだんと厳しい登りです

IMG_8472

まだ余裕がありそうです

IMG_6980

いちど平坦になった場所でまた集合写真

IMG_8488

一昨年のブエルタでテントが張られていた場所まできました。ここから残り7kmほどが核心部分です

IMG_8493

アングリルへの道はOPEN。路面にはコンタドールをはじめ、選手たちを応援する文字が残っていました

IMG_6986

一部20%超えのヒルクライムが現れます

IMG_6990

曇り空ですが、このきつい登りにはこの天候が幸いしました

IMG_6996

道端には牛や馬が。路上には落とし物が。。。苦しい中、かわしながら登ります

IMG_8497

サポートカーからの撮影

IMG_8503

サポートカー(回収車?)が背後に迫ります

IMG_8504

苦しいとき、先月お客様にもらったジェルに書かれていた文字。「トライすることを止めた時が失敗」に自分を奮い立たせてペダルを回します

 

IMG_7001

道に広がった牛の群れを見て、牛待ち。赤いサイクルジャージのイギリス人が無事に通過したのを見てから牛を通過(笑

IMG_7003

後半は再び厳しい登りが。20%超えを走ると12、13%の登りがなだらかに見えてきます。

IMG_7006

そしてついに、アングリルの山頂へ

 

IMG_7008

雲の中のアングリルに到着です

IMG_7015

山頂にはアングリルを制した選手の名前が刻まれていました

IMG_7010

裏側にはアングリルへのルート概略図が

 

IMG_7013

もちろん、ここでは集合写真

 

IMG_8505

本日の夕食はシードラ付き

IMG_8518

夕食はタパスメニューでした

IMG_8521 IMG_8522

 

明日はサイクリング後、バスクのサンセバスチャンへ移動します。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

7/13発スペインサイクリング 2日目はコバドンガ湖へ

サイクリング2日目を迎えたスペインサイクルツアー。本日もスタート地点までサポートカーで出発

IMG_8343

カヌーでにぎわう川のほとりで準備

IMG_8345

今日も青空の下、スタートです

IMG_8347

ヨーロッパではサイクリングの道中、絵になる風景に出会うことが度々あります

IMG_8349

本日は清流にかかるローマ橋

IMG_8351

美しい風景を写真に収めた後、国立公園に向かいペダルをこぎます

 

IMG_8372

本日のルートは距離は約30kmながら標高差約1200mを登り、山上湖を目指します

IMG_8379

ロス・ピコス・デ・ヨーロッパ国立公園に入ります

IMG_6965

このコバドンガはイベリア半島に侵攻したイスラム勢力を撃退するレコンキスタの始まりの場所として知られています

IMG_8383

国立公園に入ってからはハードな登りが続きます。

IMG_8388

15%の坂を終えたところで一息つくお客様。充実感を感じますね。

IMG_8398

山上湖を目指す方とここで引き返す方に分かれました。コバドンガの聖堂に向かってのダウンヒル。頑張った分、爽快な下りです

IMG_8400

本日の夕食はオビエドの街にあるレストランにて。中庭の気持ちの良い場所です

IMG_8408

まずはワインで乾杯。皆様アルコール好きのメンバーでボトルが並びました

IMG_8413

前菜のシーフードのペースト

IMG_8409

ムール貝のピンチョス風

IMG_8410

ソーセージと豆の煮込み

IMG_8417

デザートはリンゴを使用したものでした

IMG_8419

 

明日はブエルタの舞台にもなるアングリルに挑戦してきます

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

7/13発スペインサイクリング 初日は大西洋にむかって

Hola Todos! ピレネーハイキングに続き、スペインから神﨑がお届けします。

リピーターのお客さまのリクエストにお応えして企画した北スペインサイクリングがスタートしました。旅の前半はアストゥリアスのオビエドを拠点に走ります。

オビエドの街の中心のホテルに4泊ゆったりです

IMG_8225

昨晩深夜到着となったため、足慣らしのはずですが、大西洋岸の岬までのルートは高い山はないものの、丘が続きアップダウンもあります。

IMG_8230

それでも牛や馬が放牧されていたり果物が栽培されるような豊かな土地を走っていきます。

IMG_8253

長旅の疲れもあるはずなのに皆様お元気です

IMG_8254

スペインの内陸は乾燥した風景の場所が多いですが、このアストゥリアスは比較的降水量があるため緑豊かな土地が続きます

IMG_8276

気温は30度近くまで上がり結構暑い日となりましたね

IMG_8287

水分補給をしながら海を目指します

IMG_8292

この地域は高床式倉庫が点在したり、独特の風景です

IMG_8316

そしてついに大西洋!青い空と青い海、夏ですね!

IMG_8327

今回最初の集合写真。1週間一緒に走る仲間です

IMG_8328

この時期は夕食後でも明るく気持ちよい気候なので、夕食後にオビエドの街歩き。夏の朝や夕暮れ時っていいですよね

こちらは8世紀後半にアストゥリアス王のアルフォンソ2世が建てたのが元になっている大聖堂。日本でいうと平安京のころですね。

内部は写真撮影禁止ですが、彫刻が見事な祭壇など必見です

IMG_8334

そして市庁舎。EU、スペイン、アストゥリアス州、オビエドの旗が掲げられています

IMG_8338

この地域はシードラ(シードル)の名産地

IMG_8336

ホテルの近くでもシードラ横丁のような場所があったりショーウィンドウにも並んでいます。お店でボトルで買っても300円くらいとお得です。今度皆さんで飲んできます

IMG_8223

というわけで売ってるTシャツも”シードルズ”

IMG_8221

さらにはJust do it! 明日ね。時間がゆったり流れる気がしますね(笑

IMG_8222

 

明日は内陸に入りコバドンガ湖までのヒルクライムに行ってきます。

スペインサイクリングはサイクリングとともにスペインの風景、食などの文化も楽しんでいきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

7/6発ドロミテサイクル フェダイア峠へのサイクリング&マルモラーダ氷河散策

7月12日(金)、晴れのち曇り、気温20度、ポルドイ峠からフェダイア峠までのサイクリング&マルモラーダ氷河散策

ドロミテサイクル最終日、朝9時にポルドイ峠2239mからカナツエイ(1465m)まで約12kmのダウンヒル。ドロミテ街道を一気に降ります。

カナツエイの街からフェダイア湖(2040m)まで標高差約800m、約14kmのヒルクライム。
ゴールはドロミテの女王マルモラーダ(3320m)の大氷河が出迎えてくれます。

到着後は、立ち乗りゴンドラでマルモラーダの北斜面を2700mまで上がりました。
フェローサイクル、サイクリストで氷河に降り立った人達は今回で初めて!
登りも、平地も、下りも強いメンバーでした。走行距離山岳、平地合わせて総合走行距離約310km、獲得標高5691m、中身の濃いドロミテサイクリングとなりました!
事故、怪我なし、メカトラなし、パンクなしで無事完結できました。
夕食タイムにはオーナーのオズワルド氏も挨拶にじっくり皆さんと談笑して良い雰囲気を
作ってくれました。明日はミラノマルペンサへ移動日となります。

エスコート 水澤 史

IMG_0679

☝ポルドイのチ—マディコッピからスタート

IMG_0686

☝ドロミテ街道を豪快にダウンヒル

IMG_0687

☝サッソルンゴに向かって走る

IMG_0697

☝爽快な内倒ポジションからのコ—ナリング

IMG_0698

☝ドロミテバスと行き交う

IMG_0712

☝カナツェイの街中

IMG_0715

☝ジロ100回記念のオブジェクがラウンドアバウトに

IMG_0719

☝クラッシックカ—と遭遇するチャンス

IMG_0721

☝最終局面へのレストポイント

IMG_0726

☝こんな車が楽しませてくれる

IMG_0735

☝フェダイア湖を高度を上げながら楽しむ

IMG_0736

☝マルモラ—ダ氷河の迫力が凄い

IMG_0741

☝サッソルンゴとセラ山群の絶景

IMG_0747

 

☝夕食時にはオズワルド氏(オ—ナ—)がゲストとの語らいに登場

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ

7/6発ドロミテサイクル セラロンダへ!

 

Fumito Mizusawa

7:44 (13 時間前)

To kanzaki
7月11日(木)、晴れのち曇り、小雨、気温18度、待望のセラロンダ
今日は今回のハイライトのひとつ、ロードバイクでのセラロンダ周回コース反時計回りを走りました。滞在中峠(2239m)からスタート、約10kmの下り標高差約640mの朝一のロングダウンヒル。まだ、車、バイクは少ないですが油断は禁物。ブレーキポイントをカーブのかなり先から確保、ヘアピンは特に減速が必要です。

アラッバの村からは、まずひとつ目の峠となるカンポロンゴ峠(1875m)までは標高差約275mをゆったりと登りです。ここからコルバラまではフラット&ロングダウンヒル、コルバラの村(1568m)まで約300mの標高差を下ります。視界左手には、セラ山群を東側から眺める景観、右手はコルアルトの山頂駅、ヴィラ方面などアルタバデイア渓谷などドロミテの北側が垣間見れます。

コルバラの街でサイクルショップ、スーパー立ち寄りショッピング。購入したものは、サポートカーに積むのでサイクルリングには支障はありません。
コルバラから二つ目の峠、ガルデイナ峠(2136m)へ標高差約570m、約9kmを走行。セラ山が接近してくる局面です。また、振り返ればコルバラの街とアルタバデイアの名峰サッソ・デ・ラクローチェが聳える絶景が広がります。また、ドロミテ屈指の高山植物が咲き乱れる風景にもペダルを漕ぐのを少し休めて、束の間の写真撮影など楽しんで頂けました。

かなり冷え込んだガルデイナヨッホ(2136m)から少し下ったあたりでピクニックランチ。
ポルドイのサヴォイアホテルの長女フランチェスカ嬢がサポートカー運転とランチボックスを準備してくれました!しばしの休息タイムをサッソルンゴを正面に見ながら。

ランチタイム後は、3つ目の峠、セラ峠(2214m)までガルデイ渓谷の分岐地点から約6kmに渡ってのヒルクライム。サッソルンゴがしっかりとその姿を見せてくれます。
セラ峠に到着後、バイクカフェにてしばしのカフェタイム。サッソルンゴ、セラ山群と草原そしてボルツアーノ方面へ続くガルデイナ渓谷までセラロンダも中盤です。
ドロミテバスもそれぞれの渓谷へと行き交う風景は、セラロンダらしい雰囲気です。

セラ峠から氷河を纏ったマルモラーダに出会えれば、その麓はファッサ渓谷へとドロミテ西側へとセラロンダも移動してきたことになります。
うっすらと肌寒いセラ峠から約5kmのダウンヒル、再びファッサ渓谷から繋がってくるドロミテ街道に合流します。セラロンダ最後の登りとなりますが約6km、標高差約400m、約6kmの登りが続きます!ポルドイ付近のスキー場とセラ山群、サッソポルドイの展望台が目線を上げれば視界に入ってきます。
標高2000m付近を越せばいよいよスタートしたポルドイ峠が見えてきます。サッソポルドイのロープウエイ山麓駅、空模様もいよいよ怪しくなってきた頃、チーマ・ディ・コッピを通過して
出発地点であり、ゴール地点であるサヴォイアホテルに無事に到着!
皆さんセラロンダ完走おめでとうございます!
獲得標高約1591m、走行距離51km、走行時間約4時30分でした。
明日は最終日いよいよ最終日です。天候が心配ですがフェダイア峠とドロミテの女王マルモラーダに迫るサイクリングに挑戦する予定。

エスコート 水澤 史
IMG_0573
☝セラロンダスタート前の雰囲気
IMG_0575
☝約10kmのダウンヒルでアラッバへ
IMG_0579
☝カンポロンゴ峠付近
IMG_0580
☝ゴルバラのオブジェと名岩サッソンガ—IMG_0592
☝ガルディナ峠付近とサッソルンゴ
IMG_0605
☝ガルディナ峠からのダウンヒルIMG_0610
☝ガルディナ峠からのダウンヒル
IMG_0612
☝ピクニックランチは大きな楽しみIMG_0616
☝街道の分かれ道、セラ峠方面へ
IMG_0644
☝サッソルンゴをバックにダウンヒルがスタート!
IMG_0649
☝マルモラ—ダが優しく見守ってくれています。IMG_0653
☝再びドロミテ街道に合流。IMG_0659
☝最終局面は、約6kmの登りです。IMG_0665
☝最後まで疲労はまったくないようです。IMG_0669
☝セラロンダをいよいよフィニッシュ!IMG_0672 (1)
☝ゴ—ルポ—ズもそれぞれ。IMG_0674
☝無事のセラロンダ完走を祝って、ヴァイツェンビ—ルで乾杯!
カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ

7/6発ドロミテサイクル 4日目はジアウ峠へ

7月10日(水)、晴れ、気温18度、コルチナダンペッツオからジアウ峠までのヒルクライム
今日は待望のジアウ峠へのヒルクライムです。ジロデイタリアも幾度となくジアウ峠が山岳ステージで組み込まれた名所です。

標高1200mのコルチナの街からドロミテ街道を途中、ポコルまで徐々に登っていきます。
途中でドロミテ街道はファルツアレーゴ峠へ方面へ続くので、袂を別れてコルチナ周辺の最高峰のジアウ峠(2236m)まで約16kmのヒルクライム。
西にトファーナローゼス、北にクリスタッロ、ドロミテ杉の森林、牧草地帯のメドウと絶景の景観とは裏腹に、かなりきつい7%、10%超えと登っていきます!

最終局面は、2000m以降は、大パノラマが視界を楽しませてくれます。メドウに牛達が高山植物や牧草を食べる長閑な風景。そして最後に登りきると前方に氷河を纏ったドロミテの女王「マルモラーダ3342m」が聳え立っている最も美しいドロミテの風景の一つがゴール地点で待っています!

ランチを山小屋で堪能頂いた後は、ジアウ峠からの下りはあまりにもモーターバイクが多く、コーナーでは膨らんでくるので安全第一の為にサポートカーでコルチナ までもどりました。 大変おつかれさまでした!これでコルチナ滞在でのサイクリングは無事に終了。
ポルドイ峠に移動後、ドロミテを見渡せるサッソポルドイの展望台(約2950m)へ登って、晴天なので大パノラマを満喫できました。明日のセラロンダサイクルのイメージも沸々と湧いてきたことでしょう。
サイクリストの憧れは峠に滞在すること!3連泊でジロは勿論、ドロミテの名コースに2日間挑んで頂きます。
エスコート 水澤 史

IMG_0509

☝ドロミテ街道からのコルチナの街とクリスタッロ

IMG_0519

☝いよいよジアウ峠へ

IMG_0521

☝まだまだスタートしたばかりは余裕です。

IMG_0524

☝トファ—ナロ—ゼスの勇姿をバックに

IMG_0529

☝ペダルをひたすら回します。

IMG_0531

☝ジアウ峠への登りは九十九折とストレートの登りが続く。

IMG_0534

☝まだ、余裕の走りは流石です。

IMG_0536

☝同じく、景色、走りも楽しまれています。

IMG_0551

☝スプリント使用のギア比でも見事登り切ってしまいます。

IMG_0553

 

☝マルモラ—ダをバックにジアウ峠にて。

IMG_0561

☝サッソポルドイ展望台とマルモラ—ダ山

IMG_0563

☝セラロンダを山頂からイメージ

IMG_0564

☝展望台での記念ショット

IMG_0569

☝ポルドイ峠の夕景は神秘的だ。

 

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ

7/6発ドロミテサイクル 3日目オーロンゾ湖へのループへ

7月9日(火)、晴れ、気温24度、コルチナダンペッツオからオーロンゾ湖へのループ
今日は、コルチナダンペッツオの町から、旧鉄道後に造られたサイクリング専用ロードと一般道路を織り交ぜながらのループサイクリングへご案内。
サンヴィト・カドーレ周辺からカラルツオ・ディ・カドーレ駅まで約40km、標高差約400mのダウンヒルを走行。サイクリングロードに点在する駅舎、陸橋、トンネルなど戦前の鉄道旅を彷彿させてくれます。ちなみにカラルツオ・デイ・カドーレ駅は、ベニスのメストレ駅からの列車が出ています。
お茶休憩の後は、徐々に標高を上げながら美しいオーロンゾウ湖まで軽い登りのサイクリング。グリーンのダム湖をバックに記念撮影、オーロンゾウの中心でランチタイムです。
窯焼きピザを皆さん注文、オーロンゾウとかドロミテとか命名されたピザを満喫!
しかし、ランチ後の登りは約標高差900mです。お腹が苦しかったようですが参加者全員が
トレクローチェ峠(1809m)まで登りました!トレクローチェ峠からは、コルチナダンペッツオまで標高差約600mのダウンヒルで締めくくりました!無事にホテルへ生還しました。
明日は、周辺で一番標高の高いジアウ峠(2236m)へのヒルクライムに挑戦です!
エスコート 水澤 史
IMG_0430
☝駅舎がそのまま残ってるサイクリングロ—ド
IMG_0436
☝陸橋跡もそのまま
IMG_0444
☝カラルツオ駅とメストレ行きの列車
IMG_0454
☝美しいオ—ロンゾ湖
IMG_0456
☝ビッグピザも完食されました!
IMG_0486
☝ランチタイムの後は、絶景サイクリング
IMG_0495
☝ドロミテ山群が迫ります。
IMG_0498
☝サポートカ—も荷物運搬や風除けなどの服装チェンジ、給水など強い味方です。

 

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ

7/6発ドロミテサイクル2日目 クリスタッロ周回

7月8日(月) 気温26度、晴れのち曇り
今日はクリスタッロ山群周回コース、獲得標高約750m、走行距離約43km
コルチナダンペッツオ(1200m)からいつもと逆回りでスタート。いきなり1809mの
トレクローチを目指します。眼下にコルチナの街、見上げれば近くにクリフハンガーのロケ地になったクリスタッロ峰の絶景シーンが広がります。

IMG_0356

☝コルチナから登りスタート

IMG_0366

☝ドロミテバスと並走

ゆっくりとペダルを回しながらトレクローチェ峠1809mに到着!

IMG_0369

☝トレクロ—チェ峠に到着

 

 

IMG_0380

☝トレチ—メラバレ—ドが正面に!

小休止してからしばしのダウンヒル、また緩やかに登って標高1756mの美しいミズリーナ湖に到着です。正面にトレチーメラバレードが聳える風景に感動です。

IMG_0388

☝ミズリ—ナ湖畔で

ミズリー湖はコルチナ周辺の観光スポット、日本人ツーリストにオーストリアからドロミテに入ってきた観光ツアーの人たちとしばし談笑。
ミズリー湖の絶景を楽しんだ後は、シュルデンバッハ(1432m)まで標高差約300mのダウンヒルを満喫!爽快、豪快そして風を感じながらの下りはご褒美です。

IMG_0391

☝クロ—ダロッサに向かって

ここからは昨日のルートを逆走しながら、途中でランチタイム。そしてコルチナダンペッツオへ戻りました。今日もお疲れ様でした!

IMG_0397

☝コルチナへ向かってペダルを漕ぐ
シャワーを浴びてから天気も良いので、ラファローリアの展望台2123mへ上がり、夕暮れ時のコルチナ周辺の絶景を楽しんで頂きました。

IMG_0409

☝ファロ—リアの展望台から
コルチナの街散策をしてからアグリツーリズムデイナーで今日の締めくくりです。
明日はロングトレイル周回を走ります。

IMG_0418

 

☝夕食はアグリ—リスモでゆったりと

エスコート 水澤 史

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ

7月6日(土)発、ドロミテコースがスタート!

7月7日(日)、気温24度、晴れのち曇り

フェローサイクル・ドロミテ初日がはじまりました。心配していた天気も悪天候の予想を覆し、朝から晴天となりました。朝食を済ませて皆さん全員でチクロ・コルチナ(サイクルショップ)へ全員バイクを持ち込み走行前点検。ブレーキ、ギア、空気圧をチェックして10時にスタート。

IMG_0289

☝チクリコルチナで走行前点検

 

名峰クリスタッロ周回コースをドビアッコ駅方面へ、平地のロングアプローチから標高差も約350mの緩い登りをチーメビアンケまで快適に走行。皆さんスイスイ流れるような走りです。途中、鉄分豊富な赤い岩質で構成された「クローダロッサ」3046mの勇姿に感動されたようです。

IMG_0304

☝クロ—ダロッサをバックに

そこから長いダウンヒルでランドロ湖まで走行。クリスタッロ(3223m)とのコントラストが素晴らしく美しい。また、その先には山の間から存在感抜群の「トレチーメ・ラバレード」2999mのチーマグランデが顔を覗かせてくれました。
IMG_0316

☝ランドロ湖とクリスタッロ

IMG_0319

☝トレチ—メラバレ—ドが顔を出す

 

IMG_0323 IMG_0327 IMG_0341 IMG_0345

ドビアッコ駅に到着したら運良くオーストリア方面への列車が到着。列車を見送った後はドビアッコの中心街でランチタイム。
オーストリア国境付近なのでチロル料理も堪能!食後におもてなしのレモンチェロ、グラッパで締めました。
この後はサイクリングロードを東へひたすら走ります。途中、撤回した橋などに遭遇し一般道も織り交ぜながら国境を越えてリエンツへ。
リエンツ到着してからは、旧市街へ、待望のサイクリング後のジェラートに男性チームながら堪能。予定していた列車にそんなこんなでギリギリ乗り遅れてしまいました。次列車は、1時間後なのでまたリエンツ市内を自転車で散策、名峰リエンツ・ドロミテの勇姿も眺めてからようやく乗車。。自転車は自転車マークの車両へ搭載してから出発!
復路はドビアッコの一駅手前のサンカンデイドで下車、サポートカーでコルチナまで約40kmを行きしなに走行したルートを辿りながらホテルへ到着。
皆さん大変お疲れ様でした。明日はミズリー湖経由でクリスタッロ周回ルートを走ります。
エスコート: 水澤 史

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ

6/15発ドロミテサイクル カレッツァ湖へ

最終日の本日は晴れているものの、昼前には雨の予報。ということで、コースを変更してポルドイ峠から約37kmほどのカレッツァ湖へのサイクリングへ行ってきました。

IMG_1518

まずは麓のカナツェイの街まで標高差800mのダウンヒル。いやー結構寒かったです

 

 

IMG_1520

カナツェイまで下りてくると、背後にはマルモラーダ方面の山々が見えてきました。

ここからはヴィーゴディファッサまでファッサ渓谷のなだらかなサイクリングです。

 

IMG_1525

角度を変えてセラ山も見えています。

IMG_1527

緩やかなアップダウンはあるものの、ヴィーゴまでは下り基調で快適なライドが楽しめました。そしてここからはコスタルンガ峠まで約10km・標高差400mほどの登りです。

IMG_1529

序盤は斜度がきついコースでしたが、最後の登り、頑張ってペダルを回します

IMG_1532

まだ天気ももちそうです。

IMG_1536

無事にコスタルンガ峠に到着!ここからはカレッツァ湖まで約3kmのダウンヒルでゴールです。

IMG_1538

カテナッツィオ山塊を写真に収めてからスタートIMG_1541

 

IMG_1550

カレッツァ湖は観光ツアーでも訪れる人気の景勝地。針葉樹林に囲まれた美しい緑の湖と背後にそびえるラテマールの山が見事です。

IMG_1572

写真撮影を終えて、自転車をサポートカーに積み込んでいると、雨が降り始め。。。そのうちにあられ混じりの土砂降りになりました!

皆さんのペースがばっちりでしたね。

IMG_1577

6日間のサイクリング、おおむね天候に恵まれ無事に終了することができました。ありがとうございました。

IMG_1579

今シーズンは7月にもドロミテサイクリング、スペインサイクリング、ツールドフランス観戦ツアーと続きます。

引き続き現地レポートもお楽しみください!

 

神﨑 裕一

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ