1/8発沖縄サイクリング 海中道路を走り伊計島へ

沖縄サイクリングの最終日は名護からサポートカーにて東海岸へと移動し、伊計島まで走る約50km・獲得標高は約370mのルートです。

スタート時は太陽がまぶしいほどで、ようやく沖縄らしい暖かな気候となりました。

P1012173

 

天気が良いとやはり気持ちいいですね。写真ストップを取りながら進みます。

P1012174

伊計島方面へと続く海中道路の手前で何やら不思議なオブジェを発見。せっかくなのでポーズを真似して記念写真。笑

P1012180

あいにく雲が増えてきましたが海中道路はその名の通り、海の眺めが広がる道路です

P1012183

湾の対岸には走ってきたルートが遠望できます

P1012186

曇っていてもこの透明度。

P1012187

景色が素晴らしい場所はなぜかキツイ登りが多いような・・・残り僅かでゴールの伊計島です。

P1012191

雨に降られることなく皆様無事に伊計島にゴール。海を望むレストランでランチタイム。

P1012196

 

今回は4日間で約220kmを走破。沖縄らしくない寒い日や雨の日、強風の日などありましたが、本当にお疲れ様でした。今回も最後は天候が回復してよい印象で終われた気がします笑

また次回のツアーでご一緒できることを楽しみにしております。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

1/8発沖縄サイクリングツアー 3日目はヤンバルエリアサイクリング

3日目の今日は気温も少し上がり青空が広がりました。本日のスタート地点の与那まではサポートカーで移動です

P1012098

途中車窓からは昨日走った古宇利島が見えました。

P1012106

与那で準備を終えて本島最北端の辺戸岬を目指します。

P1012110

途中、景観の良い場所で写真タイム。やはり天気が良いと海の色も違います

P1012113

目指す辺戸岬がだんだん近づいてきました

P1012116

天気の崩れもなく、無事に辺戸岬に到着。案内板の上のヤンバルクイナが可愛いです。

P1012122

岬の先端で集合写真。与論島や沖永良部島が見えていました。

P1012127

最北端の看板でも一枚記念写真

P1012129

その後、時間に余裕があったので近くにあるヤンバルクイナ展望台へ。近くにあるから立ち寄りといった軽い気持ちで向かったら、展望台直前はまさかの激坂!16%ほどのヒルクライムでした。。。

P1012135

その後、58号線に戻り、ランチ場所の奥の集落へ向かいます

P1012138

今日はソーキそばのランチ。やはり沖縄ではこれですね

P1012139

そして沖縄といえばのもう一つはシーサー。色んなサイズ、色合いのシーサーが居て、シーサーだけでも写真集が出来そうです

P1012142

こちらは沖縄本島の幹線道路58号線の北の起点。ですが、実は58号線は海を渡り奄美大島、種子島を経て鹿児島まで続いているそうです

P1012143

午後は起伏にとんだ海岸線ルートが続きます。

P1012144

その分こんな素晴らしい景色の中を走ることができました

P1012149

まだ余裕ですね!

P1012152

この辺りまでは良かったのですが、長いヒルクライムを終えてスタート地点までのダウンヒルのときにスコールのような雨が!すっかり体が冷えてしまいました。

でもそこからさらに希望者は名護のホテルまでサイクリング。途中再び雨に降られましたが、距離90km・獲得標高1200mほどを走っていただきました。お疲れ様でした!

P1012163

本日の夕食は鉄板焼きのお店へ

P1012170

美味しいフィレ肉をいただいてきました

P1012172

 

最後は本日見かけた色んなサイン。まずはヤンバルクイナに注意のサイン。なんだかリアルで怖いイラストです笑

 

P1012137

続いて峠付近であったカメのサイン。こんなところまで来るのか!と驚きです

P1012159

最後はハブに注意。最初の二つは出会いたい動物たちですが、これは出会いたくないものです。ちなみに沖縄の気候では冬眠はしないそうです。

P1012158

 

明日はあっという間の最終日。東海岸の海岸線ルートを走ってきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

1/8発 沖縄サイクリングツアー 初日・2日目

皆様こんにちは。今年もよろしくお願い致します。

さて2021年最初のツアーは沖縄サイクリングツアー。名護に3泊して周辺のサイクリングをするツアーです。例年の沖縄はこの時期の日中の気温が20度前後と走りやすい気候です。

ですが、、、今回は沖縄にも寒波がきてしまい、日中11度くらいと沖縄としてはとても寒い気候となっております。

初日那覇空港に到着後、まずは北谷(ちゃたん)にて沖縄そばのランチ。

P1012053

ソーキも乗った沖縄そばで体が温まりました。この後サイクリングを万座毛から名護まで約24kmのサイクリングをしたのですが、あいにく途中雨に降られたためサイクリングを画像はございません。

P1012054

名護のホテルのロビーには自転車保管スペースもあり、よい感じです。

P1012055

2日目も雲が広がりますが希望の光が降り注いでいます。今日は名護から美ら海水族館などがある本部半島を周回し、古宇利島を経由して戻ってくる約60kmのコースです。

P1012059

海は綺麗ですが、風が冷たい!

P1012061

途中の補給食として黒糖を購入。コンビニでも沖縄らしさが感じられます。

P1012096

まずは瀬底島への橋へ到着。遠くには伊江島も見えていました。

P1012063

その後、美ら海水族館の前を通過し本部半島を走った後は、屋我地島へ渡り、古宇利島への橋の手前で集合写真。これからこの橋を渡ります。

P1012071

橋の上では強風に煽られながらも無事に古宇利島に上陸。ここでランチタイムです。

タコライスや、、、

P1012075

ゴーヤチャンプルーなど沖縄料理が並びます。

P1012077

そんな中私がチョイスしたのはイカスミ定食。以前テレビで見たのですが、イカの旨味がいっぱいのスープ美味しかったです。

P1012078

食後は隣接の市場をそぞろ歩き。めずらしいフルーツが並んでいます。

P1012079

購入したのはちゅーちゅーパッション。ストローで種ごと食べるのですが、さっぱりとした甘みでした。

P1012081

古宇利島の橋をバックに集合写真。

P1012083

橋の上からも海の底が見えるくらいの美しい海です。夏はとても賑わうビーチです。

P1012087

本日の夕食は海ぶどうからスタートして、

P1012090

沖縄名物のぐるくん(たかさご)という魚のから揚げ、

P1012092

メインはあぐー豚のとんかつでおなか一杯です。

P1012094

〆はこれも沖縄らしいブルーシールのアイスをいただきました。

P1012095

 

明日は沖縄本島北端の辺戸岬を目指して走ってきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

11/12発ビワイチサイクリング 守山から米原へ

最終日も青空が広がったビワイチサイクリング。守山駅前のホテルからまずは湖畔へと走り、サイクリストの聖地の碑へ。しまなみ海道にあるものより可愛らしいサイズです。

IMG_3589

碑の前で集合写真。

IMG_9127

近くにはこんな良い雰囲気のベンチもあります。カップル風に撮影してきました 笑

IMG_3599

その後、龍神が祀られたパワースポットでパワーをもらい、近江八幡の街へと向かいます。

IMG_3614

今日は風が強く当たる場所もあり、向かい風だとなかなかハードでした。

IMG_3618

近江八幡の街を流れる八幡堀。八幡城の城主となった豊臣秀次(秀吉の跡継ぎとなりましたが、秀頼誕生ののちに切腹させられた大名です)により琵琶湖と繋ぐ水路として建設されました。

IMG_9131

近江商人の発展の基礎となった運河沿いを散策。

IMG_3623

近くには鮒ずしの売店があり、皆さんご購入されていました。

IMG_9138

その後、バームクーヘンなどが人気のたねやが運営するラコリーナへ。ジブリの世界のようとも言われる建築も見所です。

IMG_9139

広大な敷地に周囲の景観と調和した建物が並びます。

IMG_9142

この日は土曜日ということもあり、店内は大混雑。何とかお土産だけ買っていただけました。

IMG_3628

その後、向かい風と闘いながら、再び琵琶湖畔へ出てランチタイム。

IMG_3642

自転車はお腹が空くので、ボリュームあるランチも皆さん完食

IMG_9144

その後、最後に立ち寄ったのは彦根城。江戸時代初期に完成した国宝に指定されている名城です。

IMG_9147

そして彦根といえば、ひこにゃん。こちらもすごい人気でした。

IMG_3673

3日間で約205kmほど走り、琵琶湖の北湖を1周して無事に米原駅へ戻りました。達成感があります。

IMG_3681

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回企画している国内サイクリングは1月の沖縄ツアー。その後もかごいちサイクリング、しまなみ海道なども予定しています。

順次ホームページでご紹介してまいりますので、引き続きよろしくお願い致します。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

11/12発ビワイチサイクリング 2日目は今津から守山へ

皆様こんにちは。2日目のビワイチサイクリングは湖西に位置する今津から琵琶湖大橋を経由して湖東の守山へと向かいます。眩しい朝日の中出発です

IMG_9067

しばらく走ると宿泊していたホテルが遠くに見えました。

IMG_9070

今日も湖畔の気持ちよいルートを進みます。

IMG_3484

アップダウンが少ないので登りが苦手な方でも余裕をもって楽しめます。

IMG_3482

今日の最初の立ち寄り場所は子供の国。なぜそんな場所に立ち寄れたかと言うと。。。お目当てはこの滑り台。日本一の傾斜80度!!の滑り台があるんです。

IMG_9073

代表してしまなみツアーに続きサポートカー担当の原田が挑戦。上から見ると恐怖感が増すようで、スタート地点で固まること数十秒。。

IMG_3513

ついに思い切って落下!体を張ってくれました 笑

これが子供用というのが驚きですね

IMG_3516

その後、マンホールの蓋が可愛い高島へ。

IMG_9089

昔ながらの街並みが残されていて、酒屋さんなどが軒を連ねます。

IMG_9083

立ち寄ったのは、こちら。もともとお酢のお店だったようですが、今では酢だけでなくスイーツを扱うお店です。

IMG_9078

こちらはアドベリーのクリームのロールケーキ。NZ原産のボイズンベリーがこの近くの安曇川(あどがわ)で取れるのでアドベリーとなったそうです。

IMG_3524

続いては白髭神社。本殿はこちらですが、、

IMG_9094

海の中の鳥居も絵になります

IMG_9093

湖西を南下し続けると、見えてきました琵琶湖大橋。袂の道の駅が写真スポットです。

IMG_3548

ランチ後は一旦橋を通過して浮御堂へ。湖に突き出したお堂には1000体もの仏像が安置されていました。

IMG_9106

逆光で分かりにくいですが、琵琶湖大橋の上からは比叡山も見えていました。京都まで30km弱くらいと結構近い場所なんです。

IMG_9116

橋を渡った後は中山道を走り守山宿を通ってきました。こちらは一里塚です。

IMG_9117

この辺りが守山宿。京都からは3つめの宿になります。

IMG_9118

そして本日のディナーは熟成肉のステーキ!さらに近江牛のメンチカツなどお代わりされる方もいらっしゃいました。

IMG_3586

早いもので明日は最終日。明日は近江八幡や彦根を通り、米原を目指します。

ラストの写真は一足早く、ひこにゃんになったお客様です。 笑

IMG_9119

 

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

11/12発びわいちサイクリングツアー

皆様こんにちは。

今回は琵琶湖サイクリングツアー、ビワイチにやって参りました。集合は米原駅。駅直結の場所にレンタサイクルの場所があり便利です。

IMG_3373

こちらがレンタサイクルのスペース

IMG_9014

手続きをしてフィッティングを終えたら出発です!

IMG_3381

まず立ち寄ったのが豊臣秀吉ゆかりの長浜城。青空が広がり気持ちの良い気候です。今回は初日から晴れ模様です。

IMG_9019

琵琶湖畔を順調に進みます。米原周辺は交通量が多かったですが、長浜城を過ぎると交通量が減り、快適に走れるようになりました。

IMG_3391

この時期周囲の小高い山の紅葉も大変キレイでした

IMG_3422

賤ヶ岳古戦場近くの隧道。趣があります。夜来たら怖そうですが。。。

IMG_9024

ビワイチのサインはこちら。このサインを追いながら走ります。

IMG_9025

トンネルを抜けると琵琶湖の絶景が待っていました

IMG_9027

釣り人を眺める皆様

IMG_9033

琵琶湖をバックに集合写真。逆光なので雰囲気だけお伝えです。

IMG_3438

その後はメタセコイアの並木へと足を延ばしてきました

IMG_9045

夕焼けを浴びて美しい色を見せるメタセコイアの林。人気の観光地で観光バスを含め多くの観光客が訪れていましたが、サイクリストはほとんど見かけませんでした。

IMG_9056

今日の泊りは今津。ホテルでの見た目も味も美味しい食事をいただいてきました。

IMG_3472 IMG_3474

 

明日は琵琶湖の南側を回りこみ、守山を目指します。

 

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

10/22発鹿児島サイクリング「かごいち」ツアー 最終日は桜島をめざして

最終日の朝は美しい朝焼けからスタートです。

P1011937

薩摩半島から大隅半島へと渡るフェリー乗り場へ朝日を浴びながらペダルをこぎます。

IMG_8732

無事にフェリー乗り場に到着して乗船。

IMG_8566

フェリーの背後からは開聞岳が見送るように姿を現し、目指す桜島も見えてきました

P1011939

大隅半島でのサイクリングスタート前に桜島をバックに集合写真

IMG_8584

まず立ち寄ったのは、さすが鹿児島!な芋焼酎の品ぞろえの酒屋さん。

IMG_8587

宅配可能なので私も含めて皆さんお買い上げ~

IMG_8598

すると皆さんで飲んでくださいと1本いただいた贈呈式の様子です 笑

IMG_8756

徐々に近づく桜島。近づくにつれて火山であることがよくわかります

IMG_8603

少し噴煙のようなものが見えますが、おとなしい様子です

IMG_8610

桜島まで一直線!

IMG_8612

今日のランチは、、、カンパチ尽くし。鹿児島は本当に美味しかったです

IMG_8605

港からもこの眺め!

IMG_8606

道中にはこんな溶岩の散策路や噴火に備えたシェルターなどがあります

IMG_8621

こちらは桜島山麓でオールナイトコンサートを開いた長渕剛さんのモニュメント。なんと今回のツアー参加者の中で2014年開催のこのコンサートに実際にいらした方がおいででした

IMG_8624

長渕コンサート風のポーズで一枚

IMG_8627

そして桜島のフェリー乗り場でゴール。今回のサポートカーを運転してくれた徳田さんを囲んでの集合写真。

IMG_8631

最後はフェリーで約15分ほどで鹿児島市内に戻ります。

IMG_8632

この短い乗船時間に食べるうどんが名物とのことなので、数名のお客さまと食べてきました。名物、限定には弱いのです

IMG_8634

 

フェリーで後にする桜島。

 

IMG_8640

 

※ツアー3日目の動画

※ツアー最終日の動画

今回は鹿児島のサイクリングを通じて鹿児島の風景、食、人の温かさといった魅力を感じることができました。

鹿児島も是非サイクリングに訪れてみてください。

 

神﨑 裕一

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

10/22発鹿児島サイクリング「かごいち」ツアー 枕崎⇒指宿

3日目を迎えた「かごいち」ツアー。今日もいい天気の中で走れそうです。枕崎から指宿まで走ります。

P1011909

枕崎の街を後にして一路東へ。

IMG_8465

IMG_8463

道路沿いにはサツマイモ畑、内陸にはお茶畑が広がります。焼酎も造ってますよ

IMG_8506

しばらく走ると枕崎から南九州市へ。そして読み方が難しい頴娃(えい)を通ります。

P1011912

ここからは海の向こうに開聞岳を望む絶景。

P1011917

さすが薩摩富士と称される美しい山容です

P1011916

日程に余裕があるので、イッシーが生息する(と言われる)池田湖に寄り道。途中、開聞岳をバックに写真を1枚

IMG_8528

とても絵になるスポットです。

IMG_8525

こちらが池田湖。残念ながら今日はイッシーは見られませんでした。

IMG_8534

代わりに大ウナギを見学

IMG_8536

最大2m、寿命は30-50年とのこと。つぶらな瞳をしていました

IMG_8538

そして続いては唐船峡に立ち寄り、ランチタイム。ここではそうめん流しを体験します。ということで皆さん流されたポーズで記念写真

IMG_8540

かなり広いスペースの店内

IMG_8541

そうめん流しに鯉こくやニジマスの塩焼きなどのセットをいただきました

P1011928

流しそうめんではなく、そうめん流しだそうです。その発祥がこちらなんです。

P1011926

2段あるのは右利き用と左利き用。水流の向きが逆です

P1011925

おなかを満たした後は、JRの日本最南端の駅・西大山駅へ。非常に本数が少ない路線ですが、ばっちり電車の発車にも立ち会えました。

IMG_8543

旅情誘われる線路道です

IMG_8548

指宿のホテル到着後は、砂蒸し風呂タイム!10分少々ですが、汗と疲れを流していただきました。

IMG_8557

夕食会場はソーシャルディスターーーーンスという感じで、かなり距離がとってありました。同じ場所にいながらZOOMを使いたくなるくらいです

IMG_8554

食事のメニューは薩摩の豚肉やさつま揚げ、キビナゴなど名物を使った料理でした

IMG_8555

食後のデザートには皆さんで一緒に白くまタイム。これも鹿児島の名物ですからね

IMG_8556

 

最終日の明日はフェリーで大隅半島へと渡り、桜島を経て鹿児島に向かいます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

10/22発鹿児島サイクリング「かごいち」 南さつま⇒枕崎 

皆様こんにちは。2日目の「かごいち」ツアーは南さつま市の観光課の方たちから見送られながらホテルを出発しました。

P1011882

しばらくすると長閑な風景の中へ。しかし今日は風が強い!時折吹き付ける突風に負けないように進みます

P1011898

こんな自販機もありました。裏が製麺工場なので美味しいそうです

P1011896

最初の立ち寄り場所はクジラが眠る丘。2002年の冬にこの近くの浜に14頭ものマッコウクジラが座礁。1頭を除きなくなったということがありました。そのうちの1体が展示されています。

IMG_8391

その後、ルートは海岸線へ。アップダウンを繰り返す走りごたえのあるルート。この辺りは向かい風できつかったです。苦労したのが写真ではわからないのが悔しいです。

P1011902

風の中頑張って登るお客様

IMG_8402

展望台からは東シナ海の絶景です

IMG_8417

特に日が差すとこんな美しい色を見せてくれます。道中にほとんどお店がないため、事前に購入したサンドイッチなどをこの景色の中でお召し上がりいただきました

IMG_8420

次に立ち寄ったのは杜氏の里。芋焼酎づくりの歴史が展示されています。女性チームで焼酎甕の前で集合写真

IMG_8423

南国ムードたっぷりの展望台。やはり晴れると気持ちがいいです。

IMG_8426

続いては映画007のロケ地の記念碑。1967年に007は2度死ぬの撮影地となった場所です。その時のボンドはショーン・コネリーさん、ボンドガールは浜美枝さんです。

IMG_8430

すぐそばには鑑真が到着した場所ということで記念館があります。

IMG_8431

景色が良いですが、アップダウンが多く徐々にきつくなってきます

IMG_8439

そんな折、南さつま市の観光課の方が、地元のみかんを差し入れに駆けつけてくれました。本当に色々とお世話になりました。

IMG_8432

最後の峠を登ると眼下には枕崎の街並み、そして奥には薩摩富士こと開聞岳まで見ることが出来ました。

IMG_8453

本日の枕崎のお宿からの夕景。あいにく雲が多かったのですが、素晴らしい眺めが広がります。枕崎の街はカツオ、鰹節が有名なので、自転車で通ると出汁の香が漂っていました。

P1011903

本日の夕食はお寿司屋さんで地元のお魚を。手前のお二人は本日立ち寄った杜氏の里でこんな焼酎のTシャツを購入されました

IMG_8459

カツオを含むお寿司。これ以外にもお刺身や天ぷらなど頂きました。

P1011908

 

↓今回のサポートカーの方が撮影してくれた動画です

 

明日は開聞岳の麓をとおり指宿に向かいます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

10/22発鹿児島サイクリング「かごいち」 はじまりはいつも雨

皆様こんにちは。今日からは鹿児島サイクリング「かごいち」の様子をレポートします。「かごいち」とは鹿児島、南さつま、枕崎、指宿、桜島などを巡る約240kmのルート。今回はそのルートのハイライトを走ります。

今回のサポートカーはこちらです。

IMG_8363

ところが今回もツアーのはじまりは雨。。。相談の結果、ひとまずサポートカーで宿泊地の南さつまへと向かうこととしました。と、その前に鹿児島市内の魚がメインのお店で腹ごしらえ。フライ定食屋や魚介のどんぶりをいただきました。

IMG_8361

そしてこの辺りの名物のぢゃんぼもち。みたらし団子のような味でした

IMG_8364

南さつまに到着すると雨はかなり小降りになったので、準備をして軽めのサイクリングへ出発。

IMG_8366

南さつま市は「サイクルシティ」として力を入れています。実は今回のツアーは昨年のサイクルモードで知り合った南さつま市の観光課の方との話の中で企画をしたものです。

今日も皆様を歓迎してくださり、案内をしてくれました

IMG_8368

こんなタンデム自転車も展示されていました

IMG_8372

こちらは小泉元首相のイラストが描かれた小泉号

IMG_8371

この地域には日本三大砂丘のひとつ、吹上浜があり海浜公園には砂像が飾られていました。

IMG_8376

こちらが吹上浜。あいにくの天候ですが、南北に40km以上続いています

IMG_8377

かごいちの看板前で記念写真

IMG_8384

さらにこんな記念品をいただきました。ありがとうございました!

IMG_8370

今日の夕食は鹿児島の黒豚のロースかつ。脂に旨味があり美味しくいただきました。

IMG_8382

 

明日からは晴れの予報。明日はアップダウンの多い海岸線ルートを走り、枕崎を目指します。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ