2017ジロ観戦ツアー 19ステージ サンカンディドのスタート

今年のジロも終盤19ステージを迎えました。今日も気持ちの良い青空が広がりました。選手たちにとっても観戦する私たちにとってもありがたいです。

今日はサンカンディドでのスタートを観戦してきました。この町はドロミテエリアの北東の端。10kmほど東に走ればオーストリアという場所になります。

IMG_7630

まずは10時半頃、キャラバンカーがレースに先駆けて街をスタートします。

IMG_7633

町はずれにはチームバスが集結。全てのバスが集まると壮観です

IMG_7652

ニバリ選手擁するバーレーン・メリダのチームバスです。

IMG_7646

アスタナのバスのフロントにはジロ直前、トレーニング中の事故で亡くなったスカルポーニ選手の写真が飾られていました。

IMG_7651

スタート地点では各選手がステージに上がりスタート前にボードにサインをします。

↓観客が多く、ピントが合わずすみません。

IMG_7655

大きな歓声と共にサインボードに向かう地元イタリアのニバリ選手。

IMG_7669

そして、いよいよ19ステージのスタートです。スタートラインからの道は多くの観客が沿道を埋め尽くしています。

IMG_7686

マリアローザを纏ったデュムランもゴールのピアンカバッロ目指してサンカンディドの街を漕ぎ出しました。

IMG_7695

その後、続々と選手たちが続き、あっという間に164名の一団がサンカンディドの街を後にしました。

IMG_7702

約5時間後、1級峠を越えてピアンカバロのゴール地点に最初に辿り着いたのはチーム・スカイ所属のランダ選手。ランダにとっては2015年以来のステージ優勝です。トップから8-9分ほど遅れて総合上位の選手たちもゴールしましたが、19ステージを終えてマリアローザの座が交代となりました。

キンタナ(モビスター)がマリアローザに、本日までマリアローザを身に着けていたデュムランが38秒差、ニバリが43秒差、ピノが53秒差と1分以内に4選手がひしめく混戦となりました。残り2ステージでこの僅差は楽しみです。

キンタナは20ステージでのニバリのアタックを予想し、また最終21ステージが個人タイムトライアルであることから、タイムトライアルを得意とするデュムランとの差を明日出来るだけ広げたいとのコメントを残しました。

サンカンディドでジロを見送ったのち、明日の観戦に向けて私たちも移動を開始。途中、ミズリーナ湖やコルチナの街など風光明媚なドライブを経て、オーストリア、スロヴェニアと国境を接するフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州へと向かいました。

IMG_7715

 

明日は20ステージのスタートをポルドノーネにて観戦をして、午後はサイクリングを楽しみます。

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

2017ジロ観戦ツアー 18ステージ ポルドイ峠

皆様こんにちは、ジロを待つポルドイ峠は朝から青空が広がりました。ジロの一団がこの1級峠を通過するのは14時前後予定。ということで午前中は展望台観光に行ってきました。

まずはセラ山をバックにファウスト・コッピの銅像を撮影。

IMG_7444

ロープウェイで3000m近いサス・ポルドイまで登ります。

IMG_7446

上からはポルドイ峠周辺の道、つまり本日ジロが通るルートが見下ろせます。こちらはアラッバへの下りの道です。

IMG_7449

そしてもちろん周辺の山々の眺望も抜群。

サッソルンゴをバックに撮影。十字架の左側は断崖絶壁です!

IMG_7470

峠に戻ると多くのサイクリストたちがジロが来る前にサイクリングを楽しんだり、場所取りをして賑わっています。

IMG_7476

私たちも好みの観戦場所に陣取ります。

ピカチューさんは道路にメッセージを書いています。この後、ペンキで応援する選手の名前を書く人も現れました。

IMG_7483

ファッサ谷からスタートしたジロの一行、逃げの3選手がまずはポルドイ峠へ現れました。画像の下の方に見える緑の谷がファッサ谷。ポルドイ峠周辺から肉眼でもジロの一団が通るのが見えました。これだけ遠くに見えますが、あの下の村から30分少々でここまで登ってくるスピードには改めて驚きです。

IMG_7516

そしてマリアローザを含むプロトンも峠を駆け上って来ます。

IMG_7535

一団の中には総合2位のキンタナ選手(画像の左から3人目)や

IMG_7540

ニバリ選手(画像の左から2人目)の姿も見えました。

IMG_7541

そして集団の中ほどには今日もマリアローザをまとったデュムラン選手が。あっという間に1級峠を克服した一行はアラッバへ下り、次の峠へと向かっていきました。

IMG_7545

今日はジロを見送った後、コルバラへのサイクリングに挑戦です。

IMG_7575

まずはジロのルートと同じくアラッバの街まで長い10kmほどのダウンヒルへ。その後、カンポロンゴ峠へと登り返しです。

IMG_7580

皆さま無事にカンポロンゴ峠に到着!

IMG_7585

その後はコルバラへと下り約20kmほどのサイクリングをお楽しみ頂きました。

IMG_7590

 

本日、18ステージの結果、総合トップの選手たちは牽制し合い、タイム差に変動はなし。明日移行もレースの行方から目が離せません。明日はサンカンディドにてスタートの様子を観戦してきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

2017ジロ観戦ツアー 17ステージ パッソ・トナーレ

本日は17ステージを観戦にパッソ・トナーレへ移動。今日はティラノからカナツェイまで219kmに及ぶ長い山岳ステージです。ジロに先駆けてアプリカの峠を通過。

IMG_7350

そして次の峠が本日の観戦場所、パッソ・トナーレです。ここも当社のスキーツアーではマドンナ・ディ・カンピリオからのスキー遠足で訪れる場所です。

IMG_7353

この峠には第1次世界大戦の慰霊モニュメントがあります。

IMG_7352

ジロの到着前、峠の様子はこんな感じ。昨日のステルヴィオに比べるとのんびりとした雰囲気です。

IMG_7357

今日もそれぞれ好みの観戦場所を探して移動開始。

本日のベストショット。ピンクで合わせたコーディネートが素敵です!

IMG_7361

本日はキャラバン隊も峠を上って来ましたが、あっという間に通過で何ももらえず・・・

IMG_7366

数名のお客様と共に大きなコーナーの地点で観戦。日の丸やお気に入りのチームのフラッグを設置して準備。

IMG_7369

関係車両から配布されたスカルポーニのポスター。でもピカチューに目が行きますね(笑

現地の方からも人気でした。

IMG_7371

そうこうしているうちに、まずは逃げの3選手が通過。しばらくして追いかける集団が現れました。

IMG_7381

が、ここにも総合トップをあらそう選手は見当たりません。

IMG_7386

さらに数分後、マリアローザを含むメイン集団が峠を上って来ます。

IMG_7403

チームのサポートメンバーに守られながら進むマリアローザを纏ったデュムラン。今朝のガゼッタ(新聞)には昨日のレース中、緊急トイレに向かう様子を掲載されていましたが、そんなところまで撮られるとは、マリアローザも大変です。

IMG_7413

その背後からはキンタナを含むモビスターの選手たち。

IMG_7416

レース前半の峠だったこともあり、逃げの3名、追いかけるグループとメイン集団の3つの集団に固まっての通過となりました。

IMG_7426

本日は結局ピエール・ローランが2位に24秒差をつけて逃げに成功。総合トップの選手たちは互いにけん制してか、本日はタイム差にも変動なく、カナツェイまでの長い1日を終えました。

私たちはトナーレでの観戦後、しばらくはジロを追うように東へ走ったあと、ボルツァーノ、オルティセイ、セラ峠などを経てポルドイ峠へ到着。今日から2泊ポルドイに泊まります。

明日はこの1級峠でジロ一行が駆けあがってくるのを待ちます。

 

↓ホテルの前菜。

IMG_7436

 

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

2017ジロ観戦ツアー 16ステージ ステルヴィオ峠

今年も始まりましたジロ・デ・イタリア観戦ツアー。今年は16ステージから最終21ステージまでの様子をお届けします。

昨晩ミラノから到着したのはフェローのスキーでもお馴染みのボルミオ。16ステージは今年のチマ・コッピ(最高標高地点)となるステルヴィオ峠を含む3つの峠を克服するハードなステージです。

ボルミオの街にもこんな横断幕がありました

IMG_7235

今年の16ステージはトレーニング中の不慮の事故により亡くなったアスタナ所属のスカルポーニ選手に捧げられます。昨年のジロでも総合優勝したニバリ選手のアシスト役として活躍した人気選手でした。

IMG_7237

冬はスキーで賑わうボルミオらしくピンクのスキーで今日の標高差を現すオブジェも登場

IMG_7239

宿泊ホテルもピンクで飾られます。ジロ主催の「ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト」の新聞紙面がピンクのため、ジロではピンクがイメージカラーです。

今回ご参加の女性のお客様もピンクのネイルにした方が複数いらっしゃいます。

IMG_7241

今日はレース観戦前後にサイクリングを楽しむため、ご自身の自転車を持参された2名様を除き自転車をレンタル。

IMG_7242

観戦場所のステルヴィオへの道が昨晩のうちに道路規制が入ったため、シャトルバスにて峠へ。しかし到着翌日にも関わらず標高差1500mを自転車で登ったタフなお客様が3名もいらっしゃいました。

IMG_7247

周囲には残雪の残る峠道をひたすら登る観戦者のサイクリスト。のんびりバスに揺られているのが悪いような気がしてきます(笑

IMG_7265

ステルヴィオ峠はジロの一行の到着まで4時間ほどあるのにサイクリストで大混雑。少し離れた場所からステルヴィオからスイス側に下る道をバックに写真を1枚。

IMG_7279

峠の看板も撮影。

IMG_7293

ジロ一行が車で自転車をこぎながら、それぞれ観戦場所を下見。ちょっと移動するとスイスとの国境であり、本日最後となるウンブライユ峠に到着です。

IMG_7301

そうこうしているうちに、峠の下からヘリの音が聞こえ始め、先頭集団が長い峠を駆け上がって来ました。登りとは思えないスピードで至近距離を通過していきます。

IMG_7312

15ステージ終了時点で2位に2分半以上の差をつけているマリアローザ(総合トップ)のデュムラン(チーム・サンウェブ)もトップ集団から少し遅れて現れました。

IMG_7320

ステルヴィオを越えて、しばしスイスを走ったジロの一行は本日3つ目のウンブライユ峠を越えて再びイタリアへ。

キンタナ(モヴィスター)、ニバリ(バーレーン・メリダ)といったマリアローザを争う選手が快調にボルミオへの長いダウンヒルへと向かいます。

IMG_7329

ボルミオのゴールを最初に駆け抜けたのはニバリとランダ(スカイ)。そしてキンタナが続きました。デュムランはマリアローザの座を守ったものの、最後の峠の前にトイレに行くアクシテントにも見舞われ2位のキンタナとの差が31秒差、3位のニバリとの差が1分12秒差に縮まり、俄然面白い展開になりました。

昨年のジロもそうでしたが、後半の厳しい山岳ステージでは何が起こるか分かりません。まだまだドロミテなどの山岳ステージが続きます。

 

レース後は多くのサイクリストに混ざってボルミオの街まで長いダウンヒルを楽しみました。

IMG_7339

 

明日はパッソ・トナーレで17ステージを観戦してきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

フェローサイクル ドロミテ その6

9/3発ドロミテサイクルツアーも無事終了しました!ご参加いただいたお客様から写真や動画をご提供いただいたので、以下もご覧下さい!

Iさん提供のGoPro映像をまとめたものです。

こちらはFさん提供の迫力ある写真です。

20160909_145544 20160909_145609 20160909_145704

Iさん、Fさんどうもありがとうございました!

澤 宏太郎

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

フェローサイクル ドロミテ その5 最終日ファルツァレーゴ&ジアウ峠

ドロミテサイクルツアーもいよいよ最終日、皆さんのリクエストもあって当初の予定から変更してファルツァレーゴ峠からジアウ峠へのライディング。まずはコルチナの街からファルツァレーゴ峠まで約900mを登って行きます。

IMG_8104 IMG_8112

今回は運良く雨に降られることもなく晴天のなか毎日走れています。

IMG_8120 IMG_8133

今回ご参加の約半数の方はロードバイクがほとんど初めての方だったのですが、皆さん結構良いペースで上がって行きます。

IMG_8137

Aさんの見事なふくらはぎ。この1週間でさらに太くなっている気がします。

IMG_8145 IMG_8154

約2時間ほどでファルツァレーゴ峠に到着。

IMG_8163 IMG_8165

今回のツアーにはバイクレンタル無料の特典付き。カーボンフレームのバイクもレンタルです。

IMG_8167

コーヒーブレイクの後、再出発。

IMG_8172

ロングダウンヒルの後は約300m上がっていきます。

IMG_8178 IMG_8187 IMG_8192 IMG_8199

見事な景色のなかをライディング。

IMG_8208 IMG_8215

アレゲ湖を見下ろす高台の展望エリアで集合ショット。ここからセルバの街を経由してジアウ峠山頂手前のレストランまではサポートカーで移動してランチタイム。

IMG_8227

レストランからジアウ峠山頂までは約200mの登り。最後の力を振り絞ってジロの選手になった気持ちで登って行きます。

IMG_8261

ジアウ峠到着!

IMG_8283

ここからコルチナの街まで約1000mの標高差のあるロングダウンヒルです!

IMG_8293

みなさん1週間のドロミテでのライディング、お疲れさまでした!!

澤 宏太郎

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

フェローサイクル ドロミテ その4 オーストリアへ国境越えロングライド

ドロミテサイクル5日目は80kmのロングライドで、イタリアから国境を越えてオーストリアのリエンツへ。コルチナからチーマビアンケまで約300mの登りの後は、ほぼすべて下りの楽々コースです。本日も晴天のなかスタート!

IMG_7992 IMG_7997

チーマビアンケを目指して登ります。

IMG_8005

チーマビアンケから北上してドビアッコまで標高差300mを下って行きます。皆さんのライディング。

IMG_8013 IMG_8017 IMG_8018 IMG_8021 IMG_8022 IMG_8025 IMG_8026 IMG_8028

ドビアッコ駅で小休止。ここからオーストリアのリエンツまで、約50kmはすべて自転車専用道を下って行きます。

IMG_8031

最初は田園風景のなかを走ります。

IMG_8036 IMG_8040 IMG_8044 IMG_8052

国境を越えたオーストリアのシュトラーセンのおしゃれなホテルでランチ。

img0004

 

ここは落ち着いた雰囲気で食事もおいしくリーズナブル。おすすめです。

Strasserwirt ****  Dorfstraße 28A – 9918 StrassenOsttirol  Tel.: +43(0)4846/6354

 

IMG_8061

最後の20km、森のなかのコースをどんどん下って行きます。

IMG_8071 IMG_8075

リエンツに到着!1時間ほどのフリータイムで皆さんショッピングなどを楽しんだ後、電車でイタリアのサンカンディドまで戻り、その後は車でコルチナまで。電車に簡単に自転車を積み込めるのもヨーロッパならではです。

IMG_8095 IMG_8096

 

澤 宏太郎

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

フェローサイクル ドロミテ その3 MTB & クリスタッロ1周

ドロミテサイクル3日目はポルドイ峠からコルチナダンペッツォへ移動後、マウンテンバイクで専用ロードへ。まずはショップでフィッティング。

IMG_7771

コルチナから約30km北のドビアッコまで森の中をマウンテンバイク専用ロードが続きます。

IMG_7774

緩い登りを進んで行きます。

IMG_7795

途中にはトンネルもあって、

IMG_7797 IMG_7803

古い峠の病院前で小休止。

IMG_7808 IMG_7813

中間地点のチーマビアンケから下りでドビアッコへ。

IMG_7821

ランドロ湖。

IMG_7825 IMG_7829

そこからさらに下っていくと、だんだん視界が広がってきます。

IMG_7839 IMG_7848

ドビアッコに到着。

IMG_7861

遅めのお昼はドビアッコのピッツェリアにて。

IMG_7863 IMG_7865

帰りはのんびりとバイクバスでコルチナへ戻ります。こんな定期バスがあるのもイタリアならではです!コルチナまで所要50分、一人5ユーロ+自転車5ユーロです。

IMG_7870

 

1日あけた4日目、まずは晴天のなかホテル前からのクローダダラーゴの朝焼け。

IMG_7877

今日はクリスタッロ1周コースへ。朝バイクショップでロードモデルへチェンジ後、晴天のなか出発。

IMG_7881

まずはドビアッコ方面へ昨日のMTBコースと平行する道路を緩やかに登って行きます。

IMG_7883

その後進路を右に取り、ミズリーナ湖を目指します。

IMG_7891 IMG_7902

ミズリーナ湖へ到着。まだまだ皆さん体力ありそうです。

IMG_7911

お昼は湖沿いのレストランで軽めのホットサンド。

IMG_7914

その後アップダウンを繰り返し、コルチナを目指します。

IMG_7920 IMG_7931

トレクローチ峠まで到着すればあとはコルチナの街まで下り1本。

IMG_7935

今回は途中リオジェレでいったん止まって、クリスタッロへリフトで上がります。

IMG_7937

山頂は爽やかな空気で気持ちいいです。

IMG_7940

草原でお昼寝?&Fさんよりお菓子のお振る舞い。

IMG_7942

しばらくゆっくりした後、リフトで下山。

IMG_7948

コルチナの街まで6kmのダウンヒルです。皆さんのライディングフォームもきまって来ました!

IMG_7951 IMG_7953 IMG_7957 IMG_7958 IMG_7968 IMG_7972 IMG_7975 IMG_7979 IMG_7984

 

明日はイタリアから国境を越えてオーストリアのリエンツまでのロングライドです。

澤 宏太郎

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

フェローサイクル ドロミテ その2 セラロンダ

ドロミテサイクル2日目はポルドイ峠からスタートするセラロンダ。ゆっくりウィークの今週は、左回りでセラ峠までの3/4周を目指してスタート。まずはアラッバまで11kmのロングダウンヒル。気温は10度くらいで肌寒いので、暖かい格好でダウンヒルに備えてスタート。

IMG_7486

後ろにはサポートカーも付くので、不要な荷物を積んだり、パンクなどのトラブル時のスペアパーツも常備、また登りのセクションでギブアップした時はサポートカーで上がれる安心感が魅力です。

IMG_7493

アラッバまで降りた後は軽めの服装にチェンジ、カンポロンゴ峠まで登りです。あせらずゆっくりと登れば息も切れません。

IMG_7503

また今日は3名のお客様がE-バイクに挑戦。モーターアシストは日本のものよりも強力でバッテリーもエコモードで使用すればセラロンダの1日も楽に持つ容量です。E-バイクの方は楽々で登って行きます。

IMG_7502

 

中にはこんなE-バイクをレンタルした方も。

IMG_7517

この峠は比較的緩やかなので、余裕で登って行きます。

IMG_7529

峠を越えてコルバラの街までダウンヒル。正面にサッソンガーが見えてきました。

IMG_7541

コルバラまで降りたところでコーヒーブレイク。自転車談義が弾みます。

IMG_7554

再スタート後はコルバラからガルディナ峠まで標高差約600mの登り。

IMG_7567

MTBのE-バイクはこんなところも楽々と登って行きます。

IMG_7588

セラ山を左に見ながら登って行きます。

IMG_7622

青空も見えてきました!

IMG_7637

ガルディナ峠まで登りきって今日はピクニックランチ。

IMG_7642

ランチ後は緩い下りが長く続いた後の登りでゴールのセラ峠を目指していきます。

IMG_7650

サポートカー。この時点でまだ登りでお世話になった人はいません。

IMG_7652

軽快なダウンヒル。右に見えてきたのはサッソルンゴ。

IMG_7666 IMG_7678 IMG_7688 IMG_7694

セラ峠手前で小休止。バックはサッソルンゴの勇姿です。

IMG_7700

セラ峠へ到着!

IMG_7715

最後のダウンヒル。

IMG_7721 IMG_7725

ダウンヒルを下りきったところで終了。自転車をサポートカーに積んでポルドイ峠まで戻ります。ゆっくりウィークながら最後の約500mの登りを挑戦した方が3名。内2名はE-バイクで完走、今回のツアーで一番強いKさんは最後まで自分で漕いでセラロンダ1周を成し遂げました!拍手!!

IMG_7738

 

明日はコルチナへ移動します。

澤 宏太郎

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

フェローサイクル ドロミテ その1

9/3(土)発ドロミテサイクルツアーがスタートしました!早朝はガスが出ていたものの、朝食後はこの通りの晴天!朝一番でコルバラのバイクショップまで降りてバイクのフィッティングへ。

IMG_7347

今回のツアーは無料バイクレンタル付きなので、みなさんともバイクショップでレンタル。プロスタッフがひとり一人丁寧にサイズを合わせてくれます。

IMG_7352

コルバラの名峰サッソンガーをバックにいざこれからスタート。

IMG_7356

初日は比較的平坦なコースで足慣らし。

IMG_7358

今回はサイクルツアーのゆっくりウィークながら、みなさんなかなかの足前で、良いペースで走っています。

IMG_7360 IMG_7363 IMG_7375

ランチはオープンテラスで軽くパスタやジェラートなど。

IMG_7387

午後は少し脇道にそれてサンカシアーノ方面へ。

IMG_7393 IMG_7394 IMG_7398

こんな景色の中を走ります。

IMG_7409

コルバラへ戻った後は、ポルドイ峠まで車で上がって、サスポルドイのロープウェイ観光の後は、コッピのモニュメント前で集合写真。明日は自転車でのセラロンダへ挑戦します!

IMG_7459

 

澤 宏太郎

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ