ツールドフランス観戦6日目 エタップ20 タイムトライアル

7月22日(土) 気温30度 晴れ
今日はヨーロッパで最も古い港町、パリの次に大きい都市、マルセイユでのタイムトライアル
でした。街のスポーツのシンボル、オランジュ・ヴェロドーム(自転車競技場)がスタート。
コース22.5km、コースはオランジュ・ヴェロドームから海岸線を南へ、途中標高を上げながら街のシンボル、ノートルダム・デラ・ガルデ寺院を通過してマルセイユの旧港地区を折り返して再びオランジュ・ヴェロドームへ戻るコース。
IMG_3692

マルセイユの街並みと地中海岸線を見渡す景観は、唯一のステージです。

IMG_3693

IMG_3694かなりの観戦者の混雑と道路規制で、オランジュ・ヴェロドームに入るのも一苦労でした。
開始前の各選手がアップをし始めると参加者の興奮も高まります。11:30にキャラヴァンが巡回し、マルセイユがツール一色になり始めます。

IMG_3695 IMG_3691

13:45タイムトライアルスタート、1分ごとに後半は2分ごとに選手が滑り出していきます。
往復コースなので約30分くらいで戻ってくる選手の走りを2度観戦できるのも魅力です。
集団で走るのとはまた違って1人の選手の走りに集中できるものタイムトライアルならでは。
ヴィラージュに入場した参加者は、新城選手(バーレン・メリダ)ともスタート前にじっくりとコミュニケーションできたそうです。
写真はさっそうとオランジュ・ヴェロドームに戻ってきた力走を見せてくれました!
IMG_3699 IMG_3698 IMG_3697 IMG_3696

ステージ順位は1位まチェイボドナール(ボーラ・ハングローエー) 28分15秒、2位がミカル・クヴィアトコウスキー(チームスカイ)28分16秒と2人のポーランド勢がワンツー。
3位がマイヨジョーヌを維持することがクリストファー・フルーム(チームスカイ)28分21秒、
タイムトライアルも強いです。

しかし、これからTGVで明日のグランファイナル に合わせてパリへ移動。後半スタートの選手スタートを見れなかったのですが、力走するトップ選手のアップも観れたのでれよかったです。マルセイユから北へ途中アルプスステージ付近をかすめて、3時間20分パリリヨン駅へ
20時24分到着。参加者のみなさん大変お疲れ様でした。明日はいよいよ最終21エタップです。
フェローサイクル 水澤 史

カテゴリー: ツール・ド・フランス観戦 | コメントをどうぞ

ツール・ド・フランス観戦 19ステージ  ポワンチュ峠

山岳ステージを終えたツール一行は本日19ステージ、プロヴァンス地方へと向かいます。私たちももちろんツールを追いかけてプロヴァンス地方へ。今日はレース後半の3級峠、ポワンチュ峠での観戦です。

峠近くのセニョンの村でトイレタイムを取ってから峠まで約8kmのサイクリングです。

IMG_9392

フランスの村々は本当に絵になるところがおおいです。↓は題名「自転車のある日常」です(笑

IMG_9398

少し上から見るとこんな感じ。高台に作られた街です。

IMG_9403

ここから観戦場所までのコース沿いにはラヴェンダー畑が広がり、ザ・プロヴァンスな風景の中、莢かな香りを感じながらのサイクリングを楽しめました。

 

IMG_9492

観戦場所のポワンチュ峠は標高499m。3級峠になります。

IMG_9406

選手の到着の3時間以上前でも多くの人が陣取っています。特に地元フランスの人たちは選手が来る前から応援の大騒ぎです。

IMG_9407

峠には山岳賞のスポンサー、カルフールの幕がかかります。

路面には新城選手を応援するメッセージも!

IMG_9409

そこへ選手が!ではなく、ツアーのお客様が試走中です。こんな感じで実際のコースを走れるのも自転車で行くメリットです。

IMG_9416

選手の到着の1時間半ほど前にはキャラバン隊が到着。Tシャツや帽子、キーホルダー、ジュースなどが配布されるので沿道は大盛り上がりです。

IMG_9425

そしてツールの一行の到着。峠とはいえ、選手たちには平坦と変わらないのでしょうか?

IMG_9443

ものすごいスピードで峠を駆け抜けていきます。そしてそんな中でもドリンクの受け渡しを見事にこなします。

IMG_9444 IMG_9469

どのチームもエースを護りながら、大きなタイム差はなく通過して行きました。

IMG_9477

ツール観戦後はエクス・アン・プロヴァンスに向かう途中にワイナリーを訪問。

IMG_9518

最新設備のワイナリーを見学後はテイスティングを楽しみました。

IMG_9501 IMG_9505

 

 

 

 

 

白、ロゼ、赤と説明を聞きながらの試飲。フランス国内では最近ボルドーなどよりもプロヴァンスなどの南フランス産のワインの消費が増えているそうです。

IMG_9511 IMG_9516

 

明日はマルセイユでのタイムトライアル、その後、TGVにてパリへの移動となります。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: ツール・ド・フランス観戦 | コメントをどうぞ

ツール・ド・フランス観戦ツアー 18ステージ ブリアンソン&イゾアール峠

全21ステージのツール・ド・フランスも残るは4ステージ。最終日パリでの21ステージはパレードランとなるため、実質あと3日となります。

18ステージはブリアンソンから峠を克服しながら走り、最後は標高2360mのイゾアール峠までの山岳ステージです。本日はイゾアール峠での観戦予定でしたが、事前情報より早めに交通規制が入ったため、まずはスタートのブリアンソンでの観戦をしていただきました。

本日も新城選手、コンタドール選手を応援する旗を沿道に掲げるお客様。

IMG_9310

12:45、歓声に見送られながらブリアンソンの街を駆けるツールの一団。

IMG_9324

イゾアール峠までの179.5kmの戦いが始まります。

IMG_9326

ツールの選手たちを見送った後、私たちもイゾアール峠を目指してロードバイク、Eバイクにてスタートです。もちろんショートカットのルートですが、約20km、標高差1200mの登りです。

標高がそれほど高くない分、暑さが厳しく途中休憩を挟みながらの登りです。

IMG_9341

ロードバイクのご主人とEバイクの奥様、仲良しご夫妻に密着取材をさせていただきました(笑

IMG_9342

Eバイクであれば奥様も本格的に乗っているご主人と一緒に走れるんです。Eバイクのパワーはすごいです。

IMG_9344

他の皆様も快調に登っていたのですが、、、なんと峠まで8kmの地点で自転車も交通規制の対象に・・・選手たちの到着に間に合うか、帰りも歩くことなど考えた結果、皆様カフェでのテレビ観戦に切り替えられました。

しかし、今回は添乗員2名体制でのご案内なので、峠の様子をリポートすべく登って来ました。イタリア人3人組と一緒に歩くこと1時間半ほどで、イゾアール峠に到着。すでに多く観客が陣取っていました。

IMG_9354

選手たちの到着までは設置されたスクリーンと実況を聞きながら観客たちが一喜一憂していました。特にマイヨジョーヌ(総合首位)を争うフルーム、ウラン、アルの各選手のアタック、そしてアタックへの対応は見ごたえがありました。

この厳しい山岳ステージ、最初に峠を駆け上がってきたのは、チーム・サンウェブ所属のバルキル選手(フランス)。天を指さしながらゴールラインを駆け抜けました。

IMG_9367

その後 、バルデ(Ag2R所属・フランス)、マイヨ・ジョーヌを纏ったフルーム(チームスカイ所属・イギリス)が3位、4位でゴール。

IMG_9372

そのすぐ後にはウラン(キャノンデール所属・コロンビア)がゴール。総合首位を争う選手たちが安定した力を発揮し、総合順位に大きな変動はありませんでした。

IMG_9374

イタリアカラーのジャージをまとったアル選手。総合5位です。

IMG_9385

 

新城選手も無事にゴールをして、充実感をたたえた表情で下山していきました。

 

IMG_3639

 

※峠でありながら選手のスピードが速いのと、周囲に大勢の人が居るのでピントが合わない画像が多くすみません。それも含めて臨場感としてご覧ください!

神﨑 裕一

カテゴリー: ツール・ド・フランス観戦 | コメントをどうぞ

ツール・ド・フランス観戦ツアー 17ステージ ガリヴィエ峠

ツールドフランス 観戦2日目
7月19日(木)天気 晴れのち曇り、一時雨 気温20度〜25度
18ETAPE La MURE〜SERRE-CHEVALIER 183km 上級山岳
観戦ポイント :ガリヴィエール峠(2642m)オートアルプス

グルノーブルを7時30分出発して、イゼール県から西のサヴォア県へ。

IMG_9177
アルプ・デイエズを横目に、エクラン国立公園内を氷河湖のシャンブルー湖やエクラン山塊の迫力ある氷河の絶景が広がるラ・グラーブ村で写真タイム。予想していたよりガリヴィエールへの道は、渋滞なくスムーズにLautaret(ロタレ峠)にアクセスできました。
IMG_9202

ツールに久々に登場する孤高の山岳ルート、ガリヴィエール峠を超えるとあって、朝からブリアソン方面から沢山のサイクリスト、ツールファンが峠にすでに押し寄せていました。
見上げればミュージュ氷河を頂く山塊には、モンブラン(4810m)に次いでフランスで高い山があり、猛々しい景観を見せてくれます。西側には、18エタップのスタートのブリアンソン方面へと長い美しい谷間が広がり、北側のツールが来るル・テレグラフ峠へと誘う壮大なフレンチアルプスの風景こそガリヴィア(2642m)ならではです。

IMG_9195

天候も曇り、小雨と肌寒かったので、ラウタレ峠からガリヴィエ峠への自転車でのヒルクライムは、峠クローズの時間ぎりぎりの12時15分スタート。約8kmの標高差約600mをゆっくりと絶景ルートを登りました。Eバイク、ロードバイクで皆さんに思い思いに走って山頂到着。
Eバイクの女性陣、さっそうとかなり速く登って行きました!

IMG_3641 IMG_3640

ここでメカトラブル発生、メンバーのEバイクがパンク、寒いガリヴィエ峠で修理に寒さも感じなかったほど。ポンプとチューブが合わないとか記憶に残る峠滞在からスタート。男性陣ありがとうございました。

IMG_3642

ガリヴィエ峠を挟んでその斜面に流石ツールドフランスの人気山岳エタップだけあり、凄い人、自転車がびっしりです。15:00に峠をキャラバン隊が続々と登って来ます。峠観戦ならではの雰囲気も盛り上がってきました。

IMG_3643 IMG_9223

隣のフランス人がラジオでキッテルが落車、先頭集団が33人、コンタドールが仕掛けた、しかしメカトラブルで自転車を交換した!とか実況中継してくれたりする興奮の中、16:47にポリスバイクを先頭に、黄色のヘルメットに白いジャージ、チームロットNLユンボのプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア)が単独トップで峠を踏み上がってきました。

IMG_9238峠から見下ろしたり、オンコースぎりぎりに観戦したり大歓声のもと、クリストファー・フルーム(チームスカイ)、ロメン・バルデ(AG2R)、リゴベルトウラン(キャノンデール)そしてコンタドール(トレック・セガフレード)もガリヴィエ峠を駆け抜けて行きました。

IMG_9245 IMG_9251

そして役目を終えたトップ集団のアシストたちがそれぞれ抜けてくのを拍手で健闘を讃えます。
いよいよ各チームカーとープロトン集団が峠を登ってきます。大歓声のもと峠に差し掛かると抜けるまで新城選手をしっかりと応援することができました。

IMG_9293

明日も難関山岳エタップにて順位を決定するシーンから目が離せません。

フェローサイクル 水澤 史

カテゴリー: ツール・ド・フランス観戦 | コメントをどうぞ

ツール・ド・フランス観戦ツアー3日目 16ステージ 4級峠観戦

7月18日(火) 晴れ、気温30度
ETAPE 16
LE PUY-EN-VELAY〜ROMANS SUR-ISERE 165km
今日は休養日明けのエタップ16レース観戦を楽しんで頂きました。

IMG_9063 IMG_9067

滞在中ヴァランスを朝7時30分に出発して専用車で約2時間、Saint Bonnet-Le Froid(1139m)へ。自転車を準備してから約10kmの観戦ポイントの4級峠、Col du Rouvey(1250m)までサイクリング。スタートから65km付近なので半分区間より、やや前半地点、集団で来ることを予想しまがら観戦応援準備。いかに選手に見てもらえるよう 目立つように!

IMG_9070 IMG_9077 IMG_9080

峠の両方向からアプローチする車、自転車、徒歩と昼前には観戦 ムードも高まってきました。ツールらしいキャンピングカーが高山植物が咲き乱れる高原にびっしりとひしめき合い、
ファミリーやグループで観戦を楽しむ風景は、ツールをより楽しくしてくれます。

IMG_9121

予定どおり、13:15過ぎからキャラバンカーがRouvey峠を次々と通過していきました。参加者の皆さん例年よりキャラバンカーの台数、プレゼントがかなり少ないとの印象。ツール観戦ツアー常連のIさんは、それでも袋一杯にゲットされていました!

IMG_9086 IMG_9097 IMG_9099 IMG_9119

IMG_9126

15:15分 いよいよヘリコプターが真上に来るとポリスバイクが先導しながら、各チーム選手達がグルペットで一斉に通過していきました。この地点ではまだ2つの大きな集団、皆さんが応援されているバーレンメリダの新城選手の応援を筆頭に、チーム・スカイのクリストファー・フルーム選手、トレックセガフレード・ザネッティのアルベルト・コンタドール選手、キャノンデールのリゴベルト・ウラン選手、 チーム・モヴィスターのナイロ・キンタナ選手など応援。
私たちの周囲は、フランス人ばかり、バルデ選手への大声援で盛り上がってました。

IMG_9136 IMG_9138 IMG_9139

↓カメラに向かって、ではなく、チームスタッフにドリンク受け取り合図を出すウラン選手

IMG_9143

↓赤いヘルメットの奥に上半身が見えているのが新城選手IMG_9144 IMG_9160
今日のコースは比較的、平坦コースレイアウト、昨日皆さんでオンコースを70km まで

113km付近のTain-Hermitageまででインスペクションしたので皆さん、コースが頭に入っています。ずっと継続する下りや 旧街中でのルート、後半の約30kmのスプリントなどででレースがどう動くのか、動かずこのままなのか予想しながら。あっという間の4級峠観戦が終了。終了後は、Saint-Bonnet-Le Froid(1139m)まで10kmの爽快サイクリング歩く人々、渋滞の車を横目に約30分弱の下りをエンジョイ!
こうして無事に16エタップ観戦が終了しました。お疲れ様でした。専用車でグルノーブルへ移動中です。明日からは上級山岳コースが2日間続きます。

フェローサイクル
水澤 史

カテゴリー: ツール・ド・フランス観戦 | コメントをどうぞ

ツール・ド・フランス観戦ツアー2日目 チームバス訪問とコースインスペクション

15ステージまで終えたツールは本日、休息日。

チームバス訪問と明日の観戦場所の確認に行ってきました。まずは15ステージのゴールと16ステージのスタートとなるレ・ピュイ・アン・ヴレイへ。巡礼の道のルートとなっている美しい街です。火山運動が形成した岩山の上にはマリア像と礼拝堂が立ち、街を見下ろしています。

 

 

 

そんな素敵な町での最初のお目当てはバーレーン・メリダのチームバス。新城幸也選手所属のチームです。

IMG_8973

しかしあいにく選手たちは不在。しかしながらチームの監督、フィリップさんとみなさんで記念写真。以前から交流があるお客様もいらっしゃり、快く写真を撮らせてくれました。

IMG_8980

続いては現在総合首位、マイヨジョーヌの黄色いジャージを纏うクリストファー・フルームが在籍するチームスカイのバスへ。しかし、こちらも選手は不在。。。

IMG_8983

選手が戻る時間まで、旧市街を散策しながら時間調整。

IMG_8984

こんなマネキンもツールのTシャツを着用。

IMG_8985

どこのショーウィンドウもツールを盛り上げています。

IMG_8989

そして、お昼を終えたころの時間帯に再び選手を訪問。まずはバーレーンメリダ。

居ました、新城幸也選手です。お客様が持参の応援の旗などのサインをもらい、

IMG_8992

皆様で記念写真。明日の応援で待ち構える場所もお伝えしてきました。

IMG_8994

続いてはチームスカイ。エースのフルーム選手とは行きませんでしたが、ベテランのキリエンカ選手のサインをもらうことに成功しました。

IMG_9001

さらには少し離れた街に宿泊のトレック・セガフレッドのホテルへ。

厳重な警備で諦めかけたころに、ふらっと出てきたのがなんとアルベルト・コンタドール。ジロ、ツール、ブエルタエスパーニャとグランツールの全てで優勝経験のある選手です。とても紳士的な対応で皆様にサインをしてくれました。

IMG_9009 IMG_9015

ということで選手たちとの交流を楽しんだ後は明日の観戦に向けてのコース確認を兼ねてサイクリングへと行ってきました。

IMG_9023

明日の観戦予定場所4級峠まで約7kmの登り。ですが、Eバイク(電動バイク)ならラクラク登れます。エコモードであれば100km以上の距離を走ることができるので、ロングライドにも安心です。

IMG_9026

高原の気持ちの良い風や

IMG_9030

すでに明日の観戦に備えてキャンプをしながら待つ人々の声援を受けながら走って来ました。

IMG_9033

ルヴェイ峠にてゴール!のはずが、皆様快調にさらにしばらくダウンヒルまでお楽しみいただきました。

IMG_9060

 

充実した休息日を経て明日からいよいよ観戦です!

 

神﨑 裕一

カテゴリー: ツール・ド・フランス観戦 | コメントをどうぞ

ツール・ド・フランス観戦ツアー 初日 リヨン観光

フェローサイクル初のツールドフランス観戦ツアーがいよいよスタートしました。ジロデイタリアに続くグランツール観戦ツアーです。

今年は16ステージから最終パリの21ステージまでを観戦するツアー内容となります。当社の特長としては観戦を最優先させながらも合間にサイクリングまたは、観戦地までのサイクリングをお楽しみいただけます。Eバイクのレンタルもあるので、体力に自信がない方でも安心してサイクリングを楽しめます。

ツアー初日はパリ経由でリヨンに到着。その後、フランス第2の都市リヨンの観光をお楽しみいただきました。

まずは日本にもレストランを展開するポール・ボキューズの名を関した中央市場へ。

IMG_8869 - コピー

市場とはいえ、高品質な食材を扱うデパ地下のようなイメージです。美しいスイーツから

IMG_8873 - コピー

生ハムやサラミ、

IMG_8877 - コピー

豊富な種類のチーズなど見ているだけでも楽しい食材が並びます。

IMG_8878 - コピー

その後、スイスから流れてきたローヌ川を渡り、旧市街へ

IMG_8881 - コピー

立派な大聖堂など美しい街並みの中を地元のガイドさんの説明を聞きながら散策です。

IMG_8888 - コピー

なんでもない街角も絵になります。

IMG_8896 - コピー

散策途中にリヨンの名所のひとつトラブールへ。トラブールとは抜け道のこと。いくつもの建物を通り抜けて裏側の道へと抜けられる通り道。外から見るととてもそんな風には見えません。時折中庭が立派な建物もあり、外観からはわからない面白さがあります。

IMG_8902 - コピー

通路はこんな感じ。実際に生活をしている人が居るのに通り抜けOKです。

IMG_8903 - コピー

その後は街を見下ろす高台に残るローマ劇場跡へ。

IMG_8912 - コピー

この遺跡は現在コンサートなどのイベントにも使用されています。歴史ある遺跡にもかかわらず、気軽に壁の上でくつろいだり、地元の人の憩いの場になっているのが印象的です。

IMG_8915 - コピー

そして振り返るとリヨンの街並みを見下ろす眺望も楽しめます。

IMG_8921 - コピー

そして今回のツアー最初のランチはこの高台のレストランにて。

IMG_8932 - コピー

木陰の気持ちよいテラスで優雅なランチを楽しみました。実際の観戦が始まると忙しくなるので、到着日くらいはのんびりと。

IMG_8933 - コピー

レストラン脇からもこの素晴らしい眺め!

IMG_8936 - コピー

リヨンの街をバックに、案内板も入れて集合写真。

IMG_8958 - コピー

半日観光を楽しんだ後は専用車で宿泊地のヴァランスへ。ヴァカンスシーズンがはじまったばかりの週末で渋滞に巻き込まれましたが、無事にヴァランス到着。

その後、明日からの行程に備えてレンタルバイクの調整に行きました。峠観戦などで利用する予定です。

IMG_8960 - コピー

初日はまだ観光がメインですが、明日からツールの雰囲気をお伝えします。

お楽しみに!

 

神﨑 裕一

カテゴリー: ツール・ド・フランス観戦 | コメントをどうぞ

ドロミテサイクル4日目 オーストリアのリエンツへ

本日も快晴なり!

今日は、オーストリアのリエンツまで国境越えのサイクリングです。

ドロミテの岩山に映える朝日

ドロミテの岩山に映える朝日

 

昨日も一昨日も登ったチマバンケ峠までは、サポートカーに乗って行きます。

サポートカーに自転車を積み込んで、

サポートカーに自転車を積み込んで、

 

チマバンケ(1529m)からサイクリングスタート。交通量の多い幹線道路をカルボニン(1432m)まで緊張しながら下り、昨日登ったミズリーナ湖への道を横目に、ランドロ湖、ドビアッコ湖の脇を通り抜け、まっすぐオーストリアの玄関口ドビアッコ(1256m)までさらに北上します。

さあ、ここからスタート

さあ、ここからスタート

ドビアッコ駅

ドビアッコ駅

ドビアッコ駅前から、今日は国境を超えるぞ!

ドビアッコ駅前から、今日は国境を超えるぞ!

 

ドビアッコからは緩やかに下っていく自転車専用道をるんるんサイクリングです。車が通らないのでここからは安心です。

ほのかに下っていく自転車専用道は快適で〜す

ほのかに下っていく自転車専用道は快適で〜す

P1120022 P1120034

途中、オーストリアへの国境を越えますが、自転車専用道路にはなんの表示もありません。GPSで調べてみると、とても小さな川に小さな橋が架かっていて、どうやらここが国境のようです。自転車で国境を越えるなんて日本では味わえない体験ですね。

この小さな橋がイタリアとオーストリアの国境?やはりまたがなきゃ。

この小さな橋がイタリアとオーストリアの国境?やはりまたがなきゃ。

 

車道の国境の看板

車道の国境の看板

P1120049

まだまだ行きます

まだまだ行きます

 

さらに進んでいくと、リエンツの町に到着です。今日はここがゴール!お待ちかねのオーストリア名物料理のランチを頂きましょう。

オーストリア、リエンツに着きました!

オーストリア、リエンツに着きました!

 

オーストリアの香りを感じます。

オーストリアの香りを感じます。

 

ランチは、オーストリア名物・・・ビール?

ランチは、オーストリア名物・・・ビール?

いえいえ。シュニッツェルでしょう。

いえいえ。シュニッツェルでしょう。

 

帰りは、自転車を列車に積み込んで戻ります。普通の乗車券と自転車用チケットも購入しないといけません。自転車を輪行バッグに入れなくても列車に乗せられるなんて楽で便利ですよね。さすがヨーロッパ!

帰りは、自転車を列車に乗せて

帰りは、自転車を列車に乗せて
人は客車に。

人は客車に。

 

P1120085P1120094今日も楽しい1日でした。

本日の走行距離:67km

獲得標高:130m

レポート:杉山なをみ

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ

ドロミテサイクル3日目 クリスタッロをぐるり1周コース

サイクリング2日目の今日は、昨日のマウンテンバイクから乗り換え、お待ちかねのロードバイクでスタートです。朝焼けの時間帯には、雲が垂れ込めていたのにもかかわらず、出発時には快晴となり、ご機嫌な漕ぎ出しとなりました。

昨日のMTBコースとほぼ並走している道路は、幹線道路なのでそれなりの交通量があり、少し緊張しながらチマバンケ(1529m)まで上がっていきます。

雲間から覗く朝焼けも素敵

雲間から覗く朝焼けも素敵

まずは、緩やかにスタート

まずは、緩やかにスタート

パッソチマバンケまで上がる途中の、自然公園の入り口ではいポーズ

自然公園の入り口ではいポーズ

まだまだ登れるぞ〜

まだまだ登れるぞ〜

このエリアで一番美味しいと言われている山からのお水

このエリアで一番美味しいと言われている山からのお水で喉を潤しながら

 

チマバンケから、カルボニン(1432m)までは気持ちの良い下りを楽しみます。少し緊張気味なのと、ロードバイクでの長い下りに慣れていないのとで、ブレーキを握る手がガチガチになってしまった方もいらっしゃいましたが、100m程を下り幹線道路から離れて右折。さあ!ここからはミズリーナ湖(1754m)まで標高差約300mの登りです。

やったー!ミズリーナ湖に到着だ〜

やったー!ミズリーナ湖に到着だ〜

 

ミズリーナ湖からのトレチーメのお山。2峰しか見えません。

ミズリーナ湖からのトレチーメ。2峰しか見えません。

あれれ〜?

あれれ〜?

 

ミズリーナ湖からは、標高差100mほどを下り、そこからまたトレクローチ峠(1809m)まで登り返します。今日の登りを全部こなしたここで、お楽しみのランチタイム。その後は、絶景に感動しながらコルチナ(1224m)まで下って今日は終了。お疲れ様でした・・・とはなりません!元気いっぱい、好奇心旺盛な皆様はホテルに戻ってすぐに、ホテルから見えているトファーナのロープウェイに乗りにお出かけです。晴れ渡っているので標高3244mのトファーナ・ディ・メッゾからの眺めは素晴らしかったですね。今日のクリスタッロ1周コースも上からバッチリと確認することができました。

たくさん登った後のランチのお味は?

たくさん登った後のランチのお味は?

コルチナの村ってこんな地形の中にあるんです。

コルチナの村ってこんな地形の中にあるんです。

お山の上でも、お決まりの「カンパ〜イ」

お山の上でも、お決まりの「カンパ〜イ」

今日のクリスタッロぐるり周回サイクルコースを上から眺め、あ〜よく走ったなぁ。

今日のクリスタッロぐるり1周サイクルコースを上から眺め、あ〜よく走ったなぁ。

 

本日の皆様の走り

P1110869

 

P1110872

 

 

P1110865

P1110864

P1110907

 

P1110912

 

本日の走行距離:39km

獲得標高:920m

 

レポート:杉山なをみ

 

 

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ

ドロミテサイクル

6月17日、2017年ドロミテサイクルのスタートです!

今回のツアーは、ゆっくりウィーク。のんびり走りたい方、初心者の方でも大丈夫・・・

ここはドロミテ、山の中。滞在地のコルチナダンペッツォの周りは峠ばかりです。

それでも、ゆっくりのんびり登っていけばいつかは峠にたどり着くのです。

そして、サポートカーも伴走してくれていますので、疲れてしまったり、登りでも下りでも苦手な箇所ではサポートカーに飛び乗って楽々進むことができます。

自転車初日の今日は、マウンテンバイク体験デー。ロードバイクに乗り慣れていらっしゃる方も少し勝手が違って、普段あまりしない体験をしていただきました。

P1110860

今日の相棒

 

マウンテンバイクのコースは、以前鉄道が走っていたところで、廃線になってからハイキング、サイクリングロードとして生まれ変わりました。

高低差はさほどでもなく、所々で見え隠れするドロミテの岩山を眺めながら森林の中の未舗装道路を気持ちの良いサイクリング。

P1110740

 

 

線路が敷かれていた所だけに、鉄橋があったり、駅舎の名残があったり、トンネルがあったりと、ノスタルジックな雰囲気も味わえちゃいます。

ここにかつて線路があったと想像できますか?

ここにかつて線路があったとなんとなく想像できますか?

 

かつての列車のトンネル

かつての列車のトンネル

 

現在のサイクリングコースのトンネル

現在のサイクリングコースのトンネル

スタートしてから、チマバンケ峠(1529m)まで標高差約300mを周りの景色を楽しみながらの登りです。

P1110772

 

 

P1110773

P1110774

 

チーマバンケ峠頑張って登った峠でのご褒美アイスクリームは格別でしょう。

チーマバンケ峠頑張って登った峠でのご褒美アイスクリームは格別でしょう。

チマバンケからは、なだらかな気持ちのよい下りを行きます。

途中、クリスタッロをバックにパシャリ。

途中、クリスタッロをバックにパシャリ。

 

3峰がちゃんと並んで見える、トレチーメをパシャリ。

3峰がちゃんと並んで見える、トレチーメをパシャリ。

P1110798

お花畑を気持ち良く〜

お花畑を気持ち良く〜

P1110804

仔牛さんものんびりお散歩

仔牛さんものんびりお散歩

 

なだらかに下って行くと、ランドロ湖に着きます。そこから、クリスタッロ山の雄姿を眺め、さらに進んで、今日の最終地点、美しいドビアッコ湖に到着。ここでランチタイムです。イタリアでの初ランチは、山の中なのにとっても美味しい豪華なシーフード。

どうですか!皆様の笑顔ったら。

どうですか!皆様の笑顔ったら。

 

エメラルドグリーンの湖と、青空と、湖面に映る逆さのお山はまるで絵に描いたような景色です。

エメラルドグリーンの湖と、青空と、湖面に映る逆さのお山はまるで絵に描いたような景色です。

ランチの後は、来た道をコルチナまで戻ります。

ランチ前に気持ちよ~く下ってきた坂が、今度はランチ後のお腹を襲ってきます。それでも、頑張って無事にホテル到着。

たくさん走った後は、もちろんカンパ〜イで締めくくります。

たくさん走った後は、もちろんカンパ〜イで締めくくります。

本日の走行距離:54km

獲得標高:740m

レポート:杉山なをみ

 

 

カテゴリー: ドロミテ | コメントをどうぞ